本業以外に収入を増やしたい人は・・・

期間限定で公開されているレポートを
今すぐ下記URLをクリックして手に入れてください。

↓↓

本業以外に収入を増やしたい人は、今すぐこちらをクリック


2010年06月22日

トンネルの出口が108つあればどこから出ますか?


コピーライティングの基本というより
サイトやメルマガの基本です。

このブログも当然そうなっています。

何のことか分かりますか?


「1つの記事で誘導するのは1つ」
ということです。


あなたがもし、Cという商材を売りたいとします。

Cの商品の良さを伝えたうえで
Cの商材のリンクに飛ばしますよね?

これは普通なんですが

実は、そのリンクにたどりつくまでに、
余分なリンクを貼ってる人がとても多いんです。

メルマガでも1コンテンツに対して
複数の商品を紹介してしまったりしている
ものをよく見かけます。

(追伸部分で、ちょっと紹介するのは、
 その商品に興味のある人を探る方法として使えます)


Cという商品を紹介したいのであれば、
それに関する情報を出し切って
Cを売るための記事を書く。

Dも日程的に売りたいな…と思ったのであれば、
編集後記にさらっと
誘導リンクを出しておくか、

完全に次回に回して
宣伝の布石を入れておくことです。


特にアフィリエイト初心者のうちは、
1つの記事で1つのリンクに集中させること。

そうでないと書き手も読み手も混乱してしまいます。

要は、トンネルの出口は一つだけにしておく
ということです。

途中に出口があちこちあると
どこから出ればいいのか分かりにくいですよね
ということなんです。

気になって次の文章を読まざるをえなくなり
気が付けばクリックしていた、と

思わせることが出来れば
それは究極のコピーライティングといえるでしょう。

>> 商品を使った感想にこそ、最高の気持ちを乗せて欲しいですね。

posted by コピーの鬼 at 22:52| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく見かける使ってはいけない言葉とは


物販では当然のように決まっている、
暗黙の了解があるんですが

あなたは知っていますか?

使ってはいけない言葉というものです。

コピーライティングをマスターしたいなら
必ず覚えておく必要があります。

コピーを学んでキャッチを考えたり
フレーズを書くときに
押さえておかなければなりません。


「え〜!嘘でしょ?」
と思うかもしれませんが、

ネットでもリアルでも
あなたも必ず一度は見たことが
あると思います。


多くのサイトを見ていても、
使っている人たちは結構多い言葉です。

そして相当な損をしています。

もちろん売上も上がらないサイト
になってしまいます。


絶対に使ってはいけない言葉は、

「おすすめ」です。

もちろん「お勧め」も「オススメ」もダメです。


あなたが「オススメです!」と言われたときを、
思いだしてみてください。

売りこみ満載ですよね?

買わせようとしているのが見え見えなんです。

ショッピングとかをしていて
「これが今季のオススメです! 」と言われ
嫌な経験をした人も多いと思います。


ではどんな言葉を使えばいいのか?


自分が見かけたときに
スッと受け入れられた言葉であったり、
サイトの表現だったりをみかけたら

「その言葉を変えて、自分なりに表現してみること」

なんです。

それだけでも、他のサイトとは
大きな差をつけることができます。


「おすすめ」という言葉は、
たぶん何気なく使っている言葉だと思いますが、
状況によっては逆効果になると
いうことを覚えておいてください。


言葉の引き出しを増やすことで
売上は飛躍的に伸びるんです。


>> コピーをマジでマスターしたいならこれを手に入れてください

posted by コピーの鬼 at 11:13| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

コピーライティングで心理トリガーを与える


「全米NO.1のセールス・ライターが
教える10倍売る人の文章術」
で紹介されている

「役に立つ22の心理的トリガー」
というものがあります。

トリガーとは直訳で「引き金」ですね。

つまり、あなたの心の引き金ということです。


例えば、古いですが、たまごっちが
欲しくて欲しくて仕方がなかったとします。

休みの土日に15件の店を回って
全て在庫切れで歩き疲れて
なかば諦めかけていたとします。

そこに「たまごっち有ります!」という
看板を目にして店に駆け込んだら
定価より20%も高くなっている
たまごっちを見つけました。

あなたが買うかどうか悩んでいると

店員が
「先ほど1つ売れてしまったんで
これが最後の一つなんですよ〜」

あなたが欲しくて二日間探し回って
ようやく見つけた商品が目の前にある。

でも相場が高くて悔しいと思いながらも
最後の一つ・・・

あなたなら買いますか?



こういった思い当たる節が多く
とても面白いので抜粋しておきます。

こうして一覧にしてみると
心理的なファクターってかなり多いんです。


プレゼンや面接、自己アピールなど
相手に何かを伝えることには
心理的な要素が必要不可欠だと思います。


『コピーライティングにも役に立つ25の心理トリガー』


1. 感情移入させる
2. 正直さ/誠実さを打ち出す
3. 信用を高める
4. 価値を証明する
5. 購入の納得感を与える
6. 欲を刺淑する
7. 権威づけをすると安心する
8. 相手に「満足」を確信させる
9. 商晶の本質を見つける
10. タイミングを知る
11. 所属の欲求にうったえる
12. 収集の欲求をくすぐる
13. 好奇心をあおる
14. 切迫感をもたらす
15. 素早い満足を提供する
16. 希少価値/独自性をアピールする
17. シンプルにする
18. つねに人間的な観点を大切にする
19. 見込み客との「共振」をねらう
20. 罪悪感を与える
21. 具体性を持たせる
22. 専門家らしさが信用を高める
23. 親しみを感じさせる
24. 希望は大きな動機づけになる
25. とにかく信頼性を重視する


記事やコピーを書くときに、
これらを意識するだけでも
グっと変わってきます。

コピーライティングを学べば
稼ぐための心理トリガーを引くのは簡単です。


>> 私はこれでコピーを学びました
posted by コピーの鬼 at 23:00| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。