本業以外に収入を増やしたい人は・・・

期間限定で公開されているレポートを
今すぐ下記URLをクリックして手に入れてください。

↓↓

本業以外に収入を増やしたい人は、今すぐこちらをクリック


2010年06月29日

伝える文章と伝わる文章


コピーライティングといっても、
「て・に・を・は」を意識するだとか
そういうのではありません。

よく文章の体裁としては微妙だけど、
なぜか伝わってくる文章って、ありませんか?


それは書き手が本気で、そのジャンルに対して
文章を書いているからなんです。


惰性でなんとなく、どこにでもあるような、
無機質な記事ではなく

評論家のように専門用語ばっかりで
読むのすらイヤになるような
マスターベーションの文章でもなく

なぜかその人の味の出てしまうような、
そんなふっとまた訪れたくなるサイト。

そういったサイトを目指して欲しいですね。


言葉というものは、口頭でも文章でも
相手に伝わって初めてナンボなんです。

伝わらない言葉は、独り言なんですね。
つぶやいているだけなんです。

ツイッターは大人気ですけどね(笑


コミュニケーションが上手と言われる人たちは
かならず「相手に伝わるように」話しているのが
見ていて分かると思います。

そういうサイトを目指して
きちんとコンテンツを残していれば、単純に

それをまとめて、音声解説したものであっても、
購入する人は15〜20%いるんです。

2割も買ってくれれば凄いことですよ。


というのも、あなたが書いてきた、
サイトやメルマガの軌跡を見ている人は、

「あなたが書くから、ほしいんです」
「あなたが喋るから、興味があるんです」

これがよく言われるブランディングですね。


小手先のコピー力をあげるよりも、
単純に自分の想いを書けたとき、
伝える文章から、伝わる文章になります。

それだけでも伝わる文章になります。


ただし、本当にコピーライティングを
マスターしている人達は、
「どう書けばよいか」というテクニックや
文章の基礎は全て知っています。

でも、いざ書くときには・・・?

>> 伝わる文章の基礎は、身につけておくべきです。
posted by コピーの鬼 at 11:30| Comment(1) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

人を惹きつける文章術とは


コピーライティングとマーケティングは、
切っても切れない関係にあります。

具体的には

コピーライティングをマスターすれば自ずと
マーケティングをやっていることになります。

しかしマーケティングを行ったからといって
いいコピーが書けるか、というと
それは必ずしも書けません。


文章にマインドをつけてしまうのは、
あまり好ましくないんですが…


「書けないのは、その商品に対して興味がない」

「書けないのは、その商品を売ろうと思っていない」


サイトアフィリエイトをやったことが
ある人であれば、

『自分が売りたいものではなく
売れる時期に売れるものを売る』


これはもう鉄則ですよね?


商品を売るために、いろいろと調べたり、
リサーチをして売上を伸ばしていくんです。

逆に言えば

こうした作業が嫌いなのであれば、
とことん自分の好きなことを
書いてもいいわけです。

もちろん最終的に、なんらかの商品や
サービスを売る算段を立てたうえで、
ですけどね。


ある一定量そのジャンルの文章を書いていけば、
あなたのファンは必ずといっていいほど現れます。

そうしたらもう、単純にサポートを
有料にするだけでも、物が売れない
ということはないんです。

あなた自身を商品にすればいいんです。

優秀な営業マンは
「商品を売るのではなく自分を売る」
んです。

でないと

その商品をあなた以外の誰から買っても
一緒ですよね、と思われてしまうからです。

>> あなたから商品を買ってもらうにはコレですね。
posted by コピーの鬼 at 13:45| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

文章上達のためには何を書けばいいのか


コピーライティングは結局のところ
文章の集合体です。

ブログを書く、メルマガを書く、記事を書く。


結局は文章を自分で書こうとする意志がなければ・・・

コピーも文章も上達しないんです。


キャッチコピーには意外性と興味性、
ベネフィットや自己開示、希少性・・・

なんて知っていても、いざ書こうと思ったら
書けなかったりするものです。

ましてや

アフィリエイトを始めたばかりのころは、
上手な文章なんて、書けなくて当然です。


でも、たったの一言ならどうですか?
「ひとこと」だけです。


書けますよね。


なら、明日は一行書いてみたらどうですか?

一行あれば、そこから書きたい内容が生まれたり、
キャッチフレーズとしても
活用することができます。


じゃあ明後日は、二行書いてみたり、
もし書けるようであれば
十行書いたっていいんです。


もちろん最終的には、1記事完成させること。


そうやって少しずつ文章に慣れていき
書くことが楽しくなってきたら、
コピーライティングの基本を、
自分の中で思い出していけばOKですよ。

そして最終的なステップとして

商品の感想、指摘、購入後の変化を書き、
読者さんに買ってもらうことを
目標にしてみましょう。

確認しておきたいんですが
あなたは作家になりたいわけではないですよね?

コピーライターですよね?

>> 売れるから楽しいし、稼げるからコピーは面白いということがコレ見ればよく分かります
posted by コピーの鬼 at 00:24| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。