本業以外に収入を増やしたい人は・・・

期間限定で公開されているレポートを
今すぐ下記URLをクリックして手に入れてください。

↓↓

本業以外に収入を増やしたい人は、今すぐこちらをクリック


2010年07月05日

商品のデメリットを言うべきかどうか


アフィリエイトをしているなら
メリットより、デメリットを前面に
出してしまうことに抵抗を感じる
と思います。


「あー、やっぱりこの商品はイマイチなんだな」

と、思われてしまって、購入意欲が下がると
クリックしてもらえないかも
しれないからです。

じゃあ、あなたはデメリットを
書かずにメリットだけを書きますか?

それも違う、と思うでしょう。

何故なら、私たちは普段から営業マンや店員に

「お勧めですよ〜」
「似合ってますよ〜」
「人気ですよ〜」

と、良いことばかりを聞かされることに
怪しさを感じるようになっているからです。

彼らと同じになりたくなければ
デメリットは書かなくてはなりません。



デメリットを書くときは、なるべく最初に書いていき、
それを打ち消す表現を心がけてみてください。

本当に宣伝したい商品があったとき、

今、自分が勧めている商品は
うさんくさくないだろうか?

自分が持っていなかったら、
自分のレビューを見てどう思うだろうか?

自分の文章を、言葉を、コピーを、
少し時間がたってから
また見直してみるんですね。


そしてその欠点を見つけたとき、
文章から新しいコピーを生み出していくんです。

不完全な文章を、自分の手で新しく、
生まれ変わるように、息をそそぐんですね。

文章を育てていくんです。


未熟な文章を消す必要って、実は無いんです。

そういった不完全なレビューすべてが、
その商品をリアルに見せる
一つのレビューになるんです。


「伝えたいことを、すべて伝えたあとに」
出てくる想いこそが、
実は読み手が求めている情報なんですね。

う〜ん、深い(笑

・・・と思ってるのは私だけかも?

>> 伝えるべき文章で、気持ちよく購入してもらうにはコレですかね
posted by コピーの鬼 at 12:44| Comment(0) | 文章で稼ぐコピー術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。